福岡・佐賀・長崎で太陽光発電システムを販売・施工している「アビタ・ソーラー」です!

リチウムイオン蓄電池のご用命はアビタ・ソーラーまで

蓄電池

蓄電池とは?

電気を貯めておいて、必要なときに貯めた電気を使うことができるものを「蓄電池」といいます。充電池や自動車のバッテリーと同じで、蓄電池の電気が無くなった場合は、家庭用コンセント等から充電します。太陽光発電によって創った電気を蓄電池に貯めて使用も出来て、停電時や電力問題に備えて電力を蓄えておく「バックアップ電源」としてもご利用いただきます。災害時に自給自足できる設備として注目されており、「もしも」の時にも、照明等を利用することができます。

◎停電時の非常用電源

chikudenkiki

太陽光発電システムや夜間電力等で、蓄電池にためておいた電気は災害時(停電時)にも使う事ができます。もしもの時に照明やテレビを利用できるため安心です。

◎通常時の光熱費削減

夜間電力は昼間に比べて電気代が安くなっています。その安い夜間電力で蓄電池に電気を貯めておいて、その貯めた電気を昼間使えば、電気代を安くすることができます。

◎電力需要のピーク時に貢献

蓄電池があれば、電力会社から供給される電気を使う時間をずらす事が出来る為、電力需要のピークの山を減らすことができ、エネルギー事情に貢献することができます。

 

詳しくは、弊社までお問合せ下さい。